整形外科の治療範囲とは

整形外科は、人間の運動機能に関わる器官について診察・治療する診療科です。運動器には、骨や関節の他、それらに関連する筋肉や腱・靭帯などが含まれます。また、運動器を支配する神経の疾患も整形外科の守備領域です。具体的には、骨折や脱臼・打撲・肩こり・腰痛・むちうちなどの症状が生じた場合や、関節リウマチによる指の痛みや変形、事故等による脊髄損傷などが当てはまります。

こうして見てみると、実に幅広い症状や部位をカバーしており、子どもからお年寄りまでどの年代でも診察を受ける可能性がある診療科目であることがわかります。また、より専門的な診療が展開できるように、病院によっては上肢・下肢それぞれ担当医が分かれているところや、スポーツ医学に特化している病院などもあります。ところで、整形外科は、形成外科と混同されてしまう場合があるようですが、実は全く異なります。形成外科では、やけどによるケロイドや怪我による瘢痕など、身体の表面にあらわれる変形や傷・喪失した組織の再建などが扱われます。

一方で整形外科は、主に身体の運動機能に関する治療を行うところであり、このように違いがあることから、必要に応じて適切な診療科を選ぶ必要があります。整形外科における治療の一つに、リハビリテーションがあります。リハビリテーションでは、運動療法や物理療法などが行われます。医師は理学療法士らリハビリスタッフと連携し、それぞれの人が持つ自然治癒力を高め、怪我や病気が治癒して無事に社会復帰できるように治療を進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です