墨田区の整形外科の理学療法と手術

腰痛で悩んでいる人は多いですが墨田区の整形外科では理学療法での治療も行なっています。理学療法にもいくつかの種類があって運動療法だと、ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐして血行を促すことで腰痛の緩和や改善を行います。痛みが改善してきたら腰椎を支える背筋や腹筋を強化するトレーニングを行ったりします。温熱療法はホットパックや温湿布、マイクロ波や低周波、高周波などを照射する電気治療、超音波や赤外線、レーザー照射などで患部を温めます。

温めることで血流を促して痛みの緩和を行います。葬具療法だとコルセットや腰痛ベルトを装着して腰への負担を少なくします。長時間の装着は筋力低下になることもあるので、医師の指導のもとで筋力を強化する運動なども同時に行います。理学療法や薬物療法などで改善しないときは、墨田区の整形外科でも手術を検討することがありますし、疾患や病気の種類によっては最初から手術をしたりすることもあります。

手術を行うときは、腰痛を起こしている原因の精査を行います。ただ痛いから手術をして治療するのではなく、様々な検査をしてから痛みの原因を特定して手術が必要かどうかを検討していきます。これはとても重要なことで痛みの原因や痛みを起している疾病によって手術方法が違います。例えば椎間板ヘルニアの手術を墨田区の整形外科で受ける場合でもヘルニアを摘出する手術、脊柱管狭窄症だと狭窄部の骨を削って広げる手術、腰椎不安定症だとねじで腰椎を固定したりします。

腰痛症の原因である疾病の種類や重症度で直ぐに手術を行うこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です