両国に整形外科が多い背景

両国近辺は整形外科が多い地域としてよく知られていますが、その理由としてまず考えられるのは両国近辺に運動場が多く、スポーツをする人が多いことが挙げられます。スポーツをする人の中には不注意で怪我をしてしまう方も多くおり、近くに病院があることですぐに治療ができるというメリットがあります。こうした近くに病院があるという安心感がこのエリアのスポーツ人口を増加させている要因として考えられています。また、この地域は下町として古くから住宅地が形成されており、高齢者が多く住んでいることも要因として挙げられます。

高齢者はちょっとしたことで怪我をしてしまうことが多く、その怪我が骨にまで達してしまうことも多くあります。さらに、思わぬショックによって骨折してしまうこともあるので、整形外科を受診する患者が多い地域でもあるのです。この他に大相撲を行う国技館が地域内にあることから、相撲部屋が近隣に多く所在していることも要因として考えられています。相撲取りは体重が重い分、ちょっとしたことで骨折などの怪我をしやすいですから近くに病院があると非常に便利であるということになりますし、関節などの痛みについても近隣に整形外科があると通院しやすいという実態もあります。

このように両国近辺は骨や関節に痛みを感じる人が他の地域と比べて多い環境が形成されていると言うことができますし、そういった地域だからこそ必然的に整形外科が集まりやすくなっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です