Skip to content

人口密度の高いモスクワで行うツアー

ロシアは国土が非常に広い国なので、ツアーを組む時はモスクワ市内を巡ることが多いです。モスクワは人口密度が世界で一番多い都市ですが、観光名所も多いのでツアー客も人口密度を引き上げる要因である可能性があります。クレムリンは城壁に囲まれており、中には宮殿やタワー、聖堂が建っています。宮殿はかつては皇帝が住んで政治を取り仕切っていた場所で、横に長く部屋を設置しています。

イタリア人建築家が設計したアルハンゲリスリー大聖堂は知名度が高く、丸い屋根はイスラム教を信仰するアラブの国々の建造物をイメージさせます。ロシア革命20周年を祝って建てられた尖塔の先は、ルビーをあしらっています。モスクワは赤の広場という名称が浸透していますが、赤には美しいという意味があったので、本当に赤色をしている広場ではなく美しい広場と理解するのが正しいです。赤の広場に近いロシア国立歴史博物館は、お城のような見た目でツアー客がよく写真を撮っています。

旧石器時代から中世、現代まで豊富な資料や展示物が揃っています。夜はライトアップされるので、よりお城の雰囲気が強くなります。ロシアで一番大きな動物園であるモスクワ動物園は、陸上動物や水中動物合わせて30種類がいます。天気が良い週末はオープン前に行列ができるほど、ロシア人はこの動物園を愛しています。

子供の入場料が無料であるため、ファミリー層が多いです。園内は広いので様々な動物と有意義な時間を過ごせます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *