Skip to content

観光立国を目指す上でのインバウンドの重要性

インバウンドは訪日外国人旅行者を指す言葉です。2003年のビジット・ジャパン・キャンペーン以来、訪日外国人を増やす政策に力を入れてきた日本ですが、2008年には観光庁が設立され、さらに訪日外国人旅行者の誘致を積極的に行っています。長年、日本の旅行業界は、国内旅行や、インバウンドの対義語に当たるアウトバウンド、つまり海外旅行に注力していました。しかし、そうした市場が頭打ちになる中、近年ではインバウンドが非常に注目されています。

中国人観光客の「爆買い」などが話題になったように、外国人旅行者たちが及ぼす経済効果は大変大きく、消費の落ち込みが続く中で小売業や、また日本人利用者の減るスキー場などの業績を支える存在となっています。特に、日本はアジア諸国にとって魅力的な旅行先で、こうした旅行者を呼び込もうと、各自治体でも地道な努力が行われています。こうした積み重ねが少しずつ効果を上げはじめていますが、一過性のブームではなく、日本に外国人旅行者を定着させるにはさらに長い時間をかけた施策が必要となるでしょう。2020年の東京オリンピックに向けて、訪日外国人旅行者を2000万人迎える目標が掲げられていますが、オリンピック観光に特化した旅行者は、地方の観光地への流入に結びつかず、各国を悩ませている現状もあります。

オリンピック開催までに、いかに訪日外国人旅行者を増やすか。そして、オリンピック閉幕後も、訪日外国人旅行者を日本に定着させられるか。この二つが、日本の観光立国への戦略の鍵になるといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *