Skip to content

格安航空券と割り引き航空券の違い

航空券をリーズナブルに購入できる格安航空券と割り引き航空券がありますが、この2つの航空券は違う航空券になります。格安航空券は、旅行会社が各航空会社から団体ツアー用に仕入れたものを個人の旅行者に販売している航空券で、旅行会社でのみ販売している航空券です。割り引き航空券は、正規割り引き航空券とも呼ばれ、各航空会社が個人の旅行者に向けて販売されてる航空券です。割り引き航空券は、旅行会社と航空会社の両方で購入することができる航空券です。

エコノミークラスでも予約の取りやすさが異なり、複数のサブクラスが設けられています。サブクラスは航空券の種類によって違います。予約の取りやすさでは、正規割り引き航空券の方が予約が取りやすいサブクラス設定で、マイレージ加算も正規割り引き航空券では高い加算率の設定になっています。格安航空券は、リーズナブルな価格で購入することができて、正規割り引き航空券は予約が取りやすくマイレージの加算率がいいなどそれぞれのメリットがあります。

小さな子供を連れた家族旅行では、正規割り引き航空券の方を購入するといいです。格安航空券には、子供料金の設定がないので子供でも大人料金で利用することになりますが、正規割り引き航空券には子供料金の設定があるため家族旅行での利用には、正規割り引き航空券を利用すると家族分の航空券総額がリーズナブルな料金で利用するとこができます。利用する場面で使い分けるとどちらもお得に利用することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *