Skip to content

医療従事者に開放する銀座にあるホテル

今年に入って異例の緊急事態となったコロナウイルス問題ですが、終息の見通しがたたない中、経済スタートをせざるえない状況といえます。

そして最前線として戦っている医療従事者には、様々な応援がされておりホテルの無償提供なども実施されています。こういったプロジェクトには東京を中心とした大都市では、コロナ患者の数が多いことでも実用化されていて、医療従事者に対する生活支援として助かることです。華やかな街でもある銀座でもホテルの提供をされていますので、近隣の病院やコロナ患者を扱っているところでは働いている職員のために解放されているのも少なくありません。また銀座は普段は人が多く行き来する場所でもありますし、外国人観光客などの往来もたくさんある土地です。

そういったインターナショナルな感覚が強いことからも、これからコロナ患者の増加を防ぐためにも医療従事者のホテル利用が理想とされています。なぜこういった医療従事者にホテル提供が必要なのかというと、感染リスクを考えた場合に、その家族や周りに影響がある人に対する安全性を考えているということです。国や行政でもこれ以上の感染リスクを減らすためにも、ホテル側にも応援をしてもらいスタッフなどの配置や、何よりも医療を支えている意識をもって取り組んでもらうことができます。また以前のように銀座に人がたくさん出入りできるように、外国人観光客も増えるようになっていくと経済回復も見込めるようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *